Column 不動産コラム

不動産売却

仲介手数料報酬【片手?両手?】

今回は不動産会社の仲介手数料の利益の出し方をご紹介致します。
不動産取引において仲介会社がお客様から受け取れる手数料は、契約締結に至った場合の仲介手数料です。
その仲介手数料の種類として、「片手取引」「両手取引」という専門用語があります。
不動産取引において、売買の場合は売主と買主という2組の当事者があります。
家を売りたいと思っている人は、媒介契約を結んで不動産会社に依頼します。
また家を買いたいと思っている人も不動産会社を訪れて物件を紹介してもらいます。

★片手取引とは?★
自宅を売りたい田中さんの依頼を受けた不動産会社Aが売却活動をした物件を、不動産会社Bが自宅を買いたい伊藤さんに紹介し、田中さんと伊藤さんの間に2,000万円で売買契約が成立したとします。
この場合A社は田中さんから、B社は伊藤さんからそれぞれ66万円の仲介手数料を頂き
ます。
売主側と買主側の仲介会社が違うこのような取引を「片手」と呼びます。

★両手取引とは?★
田中さんから売却依頼を受けたA社が井上さんに紹介して田中さんと井上さんの間で売買契約が締結されたとします。
この場合A社は売主の田中さんと買主の井上さんの両社からそれぞれ66万円の仲介手数料頂くことができ、片手取引と比べると1件の取引で2倍の売り上げとなります。
このような取引を「両手」と呼んでいます。
当然のことながら営業マンはまずは両手取引を狙います!
売却依頼を受けた場合、まず自分の客に紹介できないかが第1優先。
次いで同じ店の他の営業が第2優先。
他の会社に紹介するのは優先順位が低いのです。
両手取引でも誠心誠意取引を行えば何ら問題ありません。
只、昨今、不動産業界でこの両手取引が問題視されています。

これは何故か・・・? 「物件の囲い込み」問題です。
次回はこの囲い込み不動産会社の営業方法をご説明します。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

http://www.arrowhome.co.jp/

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

豊富な買取り実績から他社よりメリットのある「買取り保証価格」「買取価格」のご提案が可能です。

Real Estate Apprasal 不動産の無料査定・売却相談

不動産査定依頼や売却・住み替えに関する流れや税など
お電話、メール・LINE にてお気軽にご相談ください。

0800-888-6866

受付時間 9:00 ~ 19:00 (定休日:水曜日)

  1. 無料査定・無料相談
  2. 公式 LINE 相談